Windows アイコン表示がおかしいときの対処法

スポンサーリンク

Windowsパソコンを使っていて、デスクトップにあるアイコンが変な表示になることがあります。

こんなときの対処方法を備忘録として残しておきます。

アイコンはキャッシュデータとして保存されている

Windowsでは各ソフトウェアのアイコンをキャッシュデータとして保存しています。

具体的には、ユーザーのデータフォルダ(C:\Users\【ユーザー名】\AppData\Local)の中にある「IconCache.db」がキャッシュファイルになります。

このファイルを再構築してやればいいのですが、幾つか方法があります。

これまではセーフモードを使ったり、画面の解像度を変更したりする方法が多く紹介されていましたが、再起動せずに再構築する方法があります。

アイコンデータの再構築方法

アイコンのキャッシュファイルを強制的に再構築するにはコマンドプロンプトから下記内容を実行します。

Windows10の場合

ie4uinit.exe -show

Winsows10以外の場合

ie4uinit.exe -ClearIconCache

これを実行してもコマンドプロンプト上では特に反応はありませんが、デスクトップが一瞬チラつくと思います。

これでアイコンの再構築がされているはずです。

コマンドがだめなら直接削除

先ほどのコマンドを実行しても改善しない場合は、アイコンファイルを削除して再起動するしかありません。

アイコンファイルを削除する前にエクスプローラを強制終了しておく必要があります。

  • タスクマネージャーでエクスプローラーを停止させます。
  • コマンドプロンプトを起動して下記内容を実行します。
    cd /d %userprofile%\AppData\Local
    del IconCache.db /a
  • エクスプローラーを起動します。
    explorer.exe

これでアイコンファイルが再構築されるのでアイコンファイルが正常に戻るはずです。

まとめ

Windowsパソコンでアイコン表示がおかしくなった時の対処方法を紹介しました。

最初に紹介したコマンドで大半は解決すると思いますが、ダメだった場合はファイル削除の方法を試してみてください。

スポンサーリンク

お役に立てばフォローお願いします