DirectXのバージョン確認方法

スポンサーリンク

Microsoftが提供しているマルチメディア系の機能でDirectXというものがあります。

プログラムで映像や音声などを扱う場合に便利なものなのですが、Windowsのバージョンによって動作するDirectXも異なります。

今回は自分のパソコンにインストールされている DirectXのバージョンを確認する方法を紹介します。

DirectXのバージョンを確認

パソコンにインストールされているDirectXのバージョンを確認には DirectX診断ツールを使います。

Windows10の場合は Cortanaを使うか、コマンドプロンプトを使います。

dxdiag

と入力してEnterキーを押すと、DirectX診断ツールが起動します。

最初の起動の際にドライバーがデジタル署名されているか確認するか聞かれますので、通常は「はい」で続行します。

DirectX診断ツールが起動しますので、DirectXのバージョンを確認します。

ディスプレイのタブを確認すると、DirectXの表示機能について使用可能か確認することができます。

またディスプレイドライバーに関する情報も見れますので、複数のパソコンで環境を比較する場合にも便利ですね。

スポンサーリンク

お役に立てばフォローお願いします