Switch スピーカーを使ってボイスチャットする

スポンサーリンク

子どもたちの間で人気のフォートナイトですが、Switch本体だけでボイスチャットができます。

やり方は簡単で、スマホや携帯電話で使っているイヤホンマイクを Switch本体のイヤホンジャックに挿すだけでOKです。
ゲームソフトの設定で、ボイスチャットを ONにする必要がありますが、この辺りは検索するといくらでもやり方が紹介されていますので省略します。

今回の主題は、わが家の子どもも友だちとボイスチャットしたいというので、イヤホンを長い時間着けているとよくないので、イヤホンなしでボイスチャットする環境をつくることにしました。

スピーカーを使ったボイスチャット環境

イヤホンを使わないとなるとスピーカーを使うしかありません。

考えた構成としては以下のような感じになります。

Switchのイヤホンジャックに挿すケーブルを音声出力とマイク入力に分岐して、スピーカーとマイクにつなげればいけるはずです。

Switch本体以外に必要になる機材は次のようになります。

  • 4極ケーブルを3極の二つに分岐するケーブル(マイク入力とステレオ音声出力)
  • スピーカー(ライン接続ができるもの、USB接続は不可)
  • マイク(ライン接続ができるマイク専用のもの)

ケーブルの種類

Switchで使われているイヤホンジャックに接続できるものは一般的に3.5mmステレオミニプラグと呼ばれるものです。

このステレオミニプラグは様々な機器に使われているのですが、実はケーブル自体には幾つか種類があります。

一般的なものとしては

  • 2極(モノラル)
  • 3極(ステレオ)
  • 4極(マイク機能付き)

となっています。
2極、3極、4極はプラグに入っている線で見分けます。線が1本だと2極、2本だと3極、3本だと4極です。

スマホや携帯電話のイヤホンマイクを見てみると4極になっています。

今回は、Switchに接続するのは4極でマイクと音声を使えるようにして、それをマイク入力とステレオ音声出力に分岐させようという計画です。

機材を調査

ケーブル

先ほど書いたように分岐ケーブルが必要になりますが、気を付けないといけないのは、「マイク入力」と「ステレオ音声出力」に分岐するケーブルです。

中には、2系統に音声出力するケーブルもあるので、間違えないようにしてください。

私が購入したのはこちらの商品です。

Switchはテレビ横に置いてあるので、座るところとの距離を考えて長いケーブルにしました。

スピーカー

スピーカーについてはわが家には古い PCスピーカーがあったので使いまわすことにしました。

今買うとしたらこちらの商品で十分かなと思います。

マイク

マイクは、イヤホンが付いていないものが必要です。

ヘッドセットの形を探しましたが、3極プラグはクリップ型ばかりでした。

ヘッドセットの形は2極プラグばかりなので、2極→3極の変換アダプタを使うことにしました。

また、マイクは無指向(全指向)と単指向があります。

無指向は周辺の音声を均一に拾い、単指向はマイクの向いている音声だけを拾います。

今回は家の中で使うので、周りの音を拾われなくないので単指向でヘッドセットのマイクを探しました。
そして購入したはこちらの商品。

なんと2個セットになっています。
子どもが使うので壊れても予備があるほうが安心です。

2極→3極の変換アダプタはこちらの商品を購入しました。

【ラッキーシール対応】【R】モノラルミニプラグを⇒ステレオミニプラグに変換! 変換プラグAD620

価格:699円
(2019/4/27 15:46時点)
感想(18件)

こちらはなくても使えると思いますが、マイクの入力がモノラルなので、聞いている相手が違和感を感じるのではないかと思い、ステレオに変換しています。

その他

以上で接続は可能になりましたが、環境によっては延長ケーブルが必要になるかもしれません。

わが家では、テレビとの距離を考えて、マイクと分岐ケーブルの間に延長ケーブルを1本追加しました。

試してみた結果とまとめ

購入した機材を組み合わせ、Switchと接続して試してみました。

ボイスチャットはこちらの音声が相手に聞こえているかは、喋っている本人は分かりません。

わが家には Switchが2台あるので、それを使って試してみたところ、無事にボイスチャットができていました。

これで子どもがどんな相手と話をしているのか分かりますし、暴言等をあれば注意することもできます。

子どものためだけでなく、大人でも長時間、イヤホンやヘッドホンをしていると耳によくないと思うので、スピーカーを使ったボイスチャット環境を構築してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

お役に立てばフォローお願いします