楽天カードの更新でEdyが引き継げない

スポンサーリンク

楽天市場でよく買い物をするので楽天カードを使っているのですが、このカードに 楽天Edy機能がついています。

楽天Edyは電子マネーなので、チャージした分しか使えませんが、楽天ポイントと相互交換が可能なので使い方によっては便利です。

またEdyギフトという形でポイントサイトなどからチャージができるので、たまに使っています。


楽天カード更新時の注意

今回、楽天カードの更新が近づいてきたので、新しいカードが送られてきました。

更新なのでカード番号は変わりませんが、何となく裏のEdy番号を見ると今までと違う番号になっています。

「あれ?番号が違ってもEdyのチャージ分は引き継がれているのかな」と考えながら同封の紙を見ていると、「Edy残高は必ず使い切ってから破棄してください」と書かれています。

なんと、カードにチャージされているEdy残高は引き継ぐことができないのです。

知りませんでした・・・。

何も知らずに以前のカードを破棄してしまうと、チャージしていたEdy残高を捨てることになるところでした。

残っているEdyをどうするか

以前のカードのEdy残高をどうしようか検討しました。

お店で使ってもいいのですが、カードを1枚別に持つことになるので、すでにパンパンな財布には入りそうにありません(-_-;

冒頭に書きましたが、Edyと楽天ポイントは相互交換が可能です。

ただし、相互交換にはEdyリーダーが必要です。

楽天EdyリーダーUSB型電子マネー楽天Edyの残高確認、クレジットカードチャージ、ネットショッピング等ができる!

価格:1,852円
(2017/8/29 22:49時点)

このEdyリーダーがあれば、ネットショップでEdy対応しているお店はEdy支払いが可能です。これが結構、大手も対応していて楽天市場は当然として、AmazonやJoshin、DMMなども対応しています。

今回のEdy残高は楽天ポイントに交換して、貯まっている楽天ポイントと合算して買い物しようと思います。


Edyリーダーを持っていない人は、やはりお店で使い切るしかないですが、Edyはコンビニはもちろん、スーパーや家電量販店でも使えるところが増えてきています。
ですので、Edyを使い切るまではカードを1枚余計に持つことになりますが、意外と早く使い切れるかもしれません。

くれぐれも新しいカードが届いたからといって、Edy残高を使い切る前に破棄しないように注意してくださいね。

スポンサーリンク

お役に立てばフォローお願いします