Windows10からWindows7の共有フォルダにアクセスできない

スポンサーリンク

Windows10のパソコンからWindows7のパソコンに設定した共有フォルダにアクセスができないとHELP要請がありました。

状況整理

今回は少しややこしいので状況を整理します。

共有フォルダを設定しているWindows7パソコンを「パソコンA」
別のWindows7パソコンを「パソコンB」
Windows10パソコンを「パソコンC」
とします。

パソコンBからパソコンAにはアクセスできますが、パソコンCからパソコンAにアクセスできないという状態です。

共有フォルダアクセスで使用するポート

共有フォルダのアクセスといってもネットワークを使う以上、TCP/IP通信がベースとなっています。

そして、Windowsのファイル共有では137~139を使用します。

このポートをファイアーウォールなどでブロックしているとファイル共有が使えなくなります。

しかし、今回の状況を考えると、パソコンAの137~139番ポートがブロックされていれば、パソコンCだけでなく、パソコンBもアクセスできないはずです。
パソコンBからアクセスできるということは、137~139番ポートは使えていると考えられます。

そこで他にファイル共有で使うポート番号があるのか調べたところ、「445」番ポートも使う場合があるということが分かりました。

445番ポートの役割

この 445番ポートとはどのような役割を持っているのでしょか。

Microsoftの公式サイトを参考に見てみると、下記の情報が該当しました。

内容を見てみると、NetBIOSを使用せずにダイレクトにファイル共有するサービスが445番ポートを使うと書かれています。

Windows10のファイル共有は445番ポートを使う

重要なことはWindows10ではポート137~139番を使わずに、445番ポートを使うことになったということです。

今回のケースではパソコンC(Windows10)はアクセスできず、パソコンB(Windows7)はアクセスできています。

このことから、パソコンAの445番ポートが閉じている可能性が高くなります。

調べた結果を伝え、パソコンAのポートを調べてもらったところ、インストールしていたセキュリティソフトによって445番ポートが閉じられてたようです。

まとめ

Windows7では問題なくファイル共有できていたのに、Windows10にしたらファイル共有できなくなった場合は、445番ポートが使えるかどうか調べてみてください。

OSが変わることで基本的な動作も変わってしまうことがあります。

セキュリティのためとはいえ、対処方法を公式サイト等でもアナウンスしてほしいものです。

スポンサーリンク

お役に立てばフォローお願いします