百均のUSB変換コード(OTGケーブル)を試す

スポンサーリンク

USBホスト機能

OTGとは「USB On-The-Go」の略です。

OTGケーブルはUSBホストケーブルともいい、AndroidスマホやタブレットにUSB機器を接続するためのケーブルです。

このケーブルを百均で発見しましたので、興味本位で買ってしまいました。

実際に使えるのか検証してみます。

端末がUSBホスト機能対応している必要がある

大前提として、使用するスマホやタブレットがUSBホスト機能に対応している必要があります。持っている端末が対応しているかどうかは、スペック表などを見ないと分かりません。

スペック表を見るのが面倒くさい!というかたは、Playストアで「OTG Checker」で検索してください。
端末がOTGに対応しているかチェックする無料アプリがヒットしますので、インストールして試してみるのがお手軽な方法です。

ちなみに、最初に試そうとしたスマホはHuawei の P9 liteでしたが、USBホスト機能に対応していないため、検証を断念しました。

値段の割りに高性能な機種だからいけると思ったのですが、こういうところでコストカットしているのかもしれませんね。

使えるUSB機器は?

基本的にはどんなUSB機器でも接続可能なようです。

マウスやキーボードといった入力機器はもちろん使えます。
また受信アダプタをケーブルに接続すれば、ワイヤレスマウスやワイヤレスキーボードも使えます。(Bluetoothを使えば、というご意見はスルーします)

またゲームコントローラーも接続可能なようです。
(私はゲームをしないので今回は検証外です)

他にはUSBメモリはもちろんつながりますし、アプリが必要になりますが、USBカメラを接続して録画もできます。

百均のOTGケーブルを接続

Amazonや楽天などでも安価なOTGケーブルは売っていますが、なんといっても最安は百均でしょう。

というわけで百均にないかなと物色していると・・・ありました。

昨今の百均は本当に何でもあるので驚きです。

とはいえ使い物にならなければ安物買いの銭失いなので、人に勧める前に試してみました。

検証に使ったのは、docomoのdTab(d-01g)です。
少々古い機種ですがご勘弁を。

マウスを接続

タブレットにケーブルを接続して、マウスを接続します。

すると、画面上にマウスカーソルが出現!

もちろんパソコンと同じように動きます。

クリックすれば、スマホをタップしたのと同じ動作になりますし、長押しすればロングタップになります。

また、ドラッグすれば、フリック動作として認識するので、使い勝手は上々です。

USBメモリを接続

次にUSBメモリを接続してみました。

認識したような通知が出ましたが、確認のためファイルマネージャーを起動。

本体とは別にUSBが表示されていますので、正常に認識しているようです。

少し気になるのは、表示されている容量がパソコンで見るよりも少ないような・・・

この原因は次の調査課題にしたいと思います。

USB-typeCの変換アダプタは使える?

私のメインスマホはHTC10です。

この機種のUSBはtype-cと呼ばれるもので、百均のケーブルとは合いません。

microUSBをtype-cに変換するアダプタを持っているので、これを使って接続してみました。

結果は・・・

残念ながら認識しませんでした!
さすがにUSBホスト機能は単純なアダプタでは認識しないようですね。

ちなみにHTC10はUSBホスト機能に対応しているので、type-cのOTGケーブルを使えばちゃんと認識するはずです(まだ買ってないので試せてません(^^ゞ)

※2017/4/1追記
OTG対応の変換アダプタを試してみました。
OTG対応の USB Type-C 変換アダプタを試す
百均のOTGケーブルと OTG対応の Micro USB - Type-C 変換アダプタを組み合わせて動作確認してみました。

まとめ

USBホスト機能はAndroid端末を使う上で何かと便利です。

Xperia Z3のタッチ切れ症状や、画面を割ってしまって操作できない場合などは、マウスを接続すれば操作可能になります。

またタブレットの場合は、マウスのほうがスムーズに操作できることもあるでしょう。

わざわざケーブル買うのももったいないなぁと思っている方も、百均なら買い物ついでに購入できるので、とりあえず常備しておくと非常時に役立つかもしれませんよ!

スポンサーリンク

お役に立てばフォローお願いします