リモートデスクトップの接続でエラー

久しぶりにリモートデスクトップでパソコンに接続しようとしたところエラーが表示されました。

特に設定は変えていないのになぜかエラーが出たので原因を調べてみました。

スポンサーリンク

エラーの内容を確認

表示されたエラーを確認すると以下のような内容でした。

認証エラーが発生しました。
要求された関数はサポートされていません。
リモートコンピューター:xxxxxx
原因は CredSSP 暗号化オラクルの修復である可能性があります。

表示された内容で調べると、マイクロソフトの公式サイトに関連情報がありました。

2018 年 5 月の更新プログラム適用によるリモート デスクトップ接続への影響
Microsoft Japan Windows Technology Support
スポンサーリンク

Windows Updateの影響

公式サイトによると、接続する側とされる側の更新プログラム状態が異なることが原因のようです。

2018年3月の更新プログラムが適用されているかどうかがポイントです。

3月からの更新で「暗号化オラクルの修復」というポリシーが変更されたため、双方のポリシーの状態によってはエラーとなります。

スポンサーリンク

解決策

一番簡単な方法は、最新の更新プログラムを適用することです。

接続する側とされる側でWindows Updateを実行すれば解決します。

しかし、どうしても更新プログラムを適用したくない場合は、セキュリティ上のリスクがあることを理解したうえで、ポリシー設定を変更することで解決できるようです。

詳しくは先ほど提示したマイクロソフトの公式サイトを参照してください。

私の場合、更新プログラムを避ける理由がないので、Windows Updateを実行することで、無事にリモートデスクトップ接続できるようになりました。

 

PC関連
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カミヒロをフォローする
新・かみひろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました