WindowsにMedia Playerがない!

スポンサーリンク

先日、仕事で Windows7の英語版を使うことがありました。
パソコンは仕事先で用意してもらったのですが、こちらで作成したソフトをインストールし、動作確認をしていると映像の再生ができません。

おかしいなぁと思い、Media Playerで再生できるか試してみようと思ったのですが、Media Playerが見当たりません。

普段ではありえない状況ですが、何が起きているのか整理しましょう。

Media Playerってプリインストールされているんじゃないの?

一般的に購入したパソコンにインストールされているWindowsの場合、Media Playerはインストールされた状態になっています。

今回の場合は、複数のOSでの動作確認をする環境を用意してもらったので、OSは別に購入したものです。

「もしかして・・・」と思ってシステムプロパティを見てみると、

やっぱり

普段では見られない「Windows 7 Professional N」の表示がありました。

そうです。Media Playerがインストールされていないのは「N」が原因です。

Windowsの「N」「K」「KN」とは

Windowsの種類には、HomeやProfessional といったエディション以外に、市場限定版というものがあります。
これには幾つか種類があり、オリジナル(無印)に対してそれぞれの以下のような変更点があります。

Media Player Messenger 他社製メッセージソフトのリンク
N 削除
K 提供
KN 削除 削除 提供

なぜ、こんな形になっているかというと、Media Playerがあることで、ユーザーの選択肢を狭めているということで、欧州委員会において競争法違反の判断が下されたことにより、「N」エディションが誕生しました。

その後、今度は韓国公正取引委員会から独占禁止法違反という判断が下り、その対応のために「K」と「KN」が誕生しました。

要するに、「メディア再生ソフトやメッセージソフトは、好きなものを使ってね」というスタンスのWindowsということです。

Media Playerを手動インストール

今回、パソコンを用意してくれた人が、なぜ「N」を選択したのか謎なのですが、Media Playerが必要なので、手動でインストールを行います。

こちらから、Windowsのバージョンごとの「Media Feature Pack」をダウンロードすることが可能です。

Windows Media Player 11 for Windows XP、Windows Media Player 11 for Windows Vista、Windows Media Player 12 for Windows 7、Windows Media Player 12 for Windows 8 を入手...

今回ようなケースはあまり遭遇することはないですが、何かの際にお役に立てば嬉しいです。

スポンサーリンク

お役に立てばフォローお願いします