IDとパスワード管理は「KeePass」でOK

日々、便利なサービスがどんどん増えていく中で、サイトに登録するたびにIDとパスワードが必要になります。

IDとパスワードは使いまわしするなと言われますが、覚えるには限界があり、メモ書きするのもセキュリティ的に不安があります。

そこでIDとパスワード管理が非常に楽になる便利な「KeePass」を使ってみたいと思います。
今回はKeePassをインストールし、日本語化する方法を紹介します。

スポンサーリンク

KeePassの特徴

KeePassはIDとパスワードを管理するツールです。
登録されたIDとパスワードは暗号化されて保存されるので安心です。

KeePassを使うことで、マスターパスワードだけ覚えておけば、各サイトで使うIDとパスワードを覚えておく必要はありません。

また、KeePassを起動しておき、一定の条件を満たせば、サイトのIDとパスワードを自動入力することができます。
つまり、キーボードを叩く必要がないため、誤入力もしないで済みます。

さらに、KeePassで作成したファイルをOneDriveやDropBoxといったクラウドストレージに保存しておくことで、他のPCやスマートフォンで共有することができます。
Androidアプリとして「KeePass2Android」、iOSアプリは「MiniKeePass」が使えます。

スポンサーリンク

Windowsに KeePassのインストール

KeePassをダウンロード

KeePassのインストーラーは公式サイトからダウンロードできます。

KeePass Password Safe
KeePass is an open source password manager. Passwords can be stored in highly-encrypted databases, which can be unlocked with one master password or key file.

インストールは特に難しいことはありませんので、画面の指示に従って進めていくだけです。

日本語化

インストール直後は英語表記になっていますが、日本語化に対応しています。

こちらのサイトから日本語ファイルをダウンロードし、KeePassをインストールしたフォルダに日本語ファイルをおきます。

Translations - KeePass

ダウンロードしたファイルはZIP圧縮されているので、解凍すると「Japanese.lngx」というファイルができます。これをインストールフォルダにコピーします。

インストールフォルダは、変更していなければ

  • Windowsが32bitの場合:C:\Program Files\KeePass Password Safe 2
  • Windowsが64bitの場合:C:\Program Files (x86)\KeePass Password Safe 2

となっています。

Japanese.lngxをコピーした後、KeePass画面のメニューからView → Change Languageをクリックします。

表示された言語選択画面に Japaneseがあるので、そちらをクリックすると再起動するように促されるので、KeePassを再起動すれば日本語化は完了です。

スポンサーリンク

Androidアプリをインストール

Windows版をインストールしたら、スマホにアプリをインストールします。

Playストアから「KeePass2Android」をインストールします。

KeePass2Androidを起動すると、ファイルを開くを選択します。

すると、開く先を選択する画面が表示されます。PCで作成したファイルをクラウドストレージに保存してあれば、この中から該当するサービスをタップし、該当ファイルを選択します。

無事にファイルを開ければ、PCとの共有は成功です。

これでPCで登録したIDとパスワードをスマホでも参照できるようになります。

次回は複数のパソコンでKeePassのデータを同期する方法を紹介したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました