HTC10 のSIMロックを解除してみた

スポンサーリンク

キャリアのスマートフォンがSIMロック解除できるようになったので、手持ちの au HTC10を SIMロック解除してみました。

ちなみに、SIMロック解除しても、そのまま au回線を使う予定です(汗

※2017年5月27日追記
HTC10でdocomo回線が使えるか検証しました。
この記事の最後にリンクがありますので、合わせてご覧ください。

SIMロック解除手順

まずは auのホームページを参照して手順の確認をします。

SIMロック解除の方法・お手続きについてのご案内のページです。au携帯電話でSIMロック解除を行う場合のお手続き方法およびご注意事項をご案内いたします。一部お手続きはオンラインでも行えます。

購入から181日経過しないと SIMロック解除はできないので、手持ちの端末が解除可能か確認します。

こちらで IMEIを入力します。
IMEIは 端末ごとに割り振られている識別番号です。

スマホの設定画面から確認します。
設定 → バージョン情報 → 電話IDと進み、IMEIを確認します。

IMEIを先ほどの確認ページに入力し、判定ボタンを押して判定結果を表示します。

無事に解除可能な端末と表示されました。

SIMロック解除の申し込み

解除可能な端末であることが確認できたので、ロック解除してみます。

ロック解除は

  • Webで申し込み
  • 店頭で申し込み

のどちらかで行います。

Webの場合は、auIDが必要になりますので、au契約者でなければなりません。
また購入履歴が確認できる端末のみ対象のようです。
手数料は無料です。

店頭の場合は、中古など白ロムでも解除可能な端末であれば auの契約がなくてもロック解除できるようです。
ただし、店頭の場合は手数料3,000円(税別)が必要です。

au契約で購入した端末は、Webで申し込みしたほうが手数料かからないのでいいですね。

ということで、先ほどのロック解除判定のページから、ロック解除手続きに進みます。

auIDでログインして、対象となる電話番号を選択します。

すると使用していた端末一覧が表示されるので、ロック解除したい端末を選択します。

SIMロック解除できるのは2015年5月以降に発売された機種なので、私の履歴上では HTC10以外はロック解除できません。

HTC10にチェックを付けて、進めると SIMロック解除の理由を選択する画面になります。

理由を選択して「この内容で申し込む」ボタンを押すと SIMロック解除の申し込みは完了です。

HTC10のほうを見ても何も変化はないので、SIMロック解除されたかどうか判断ができません。

念のため、最初の SIMロック解除の判定ページで確認してみます。

ちゃんとロック解除受付済みとなっているのが確認できました。

まとめ

結局、端末でIMEIを確認しただけで、端末の操作は一切不要でした。

Web上の手続きは、auIDのログインと、対象端末の選択だけで終わりましたし、特につまづくような内容もなく簡単にできましたね。

auの機種は SIMロック解除しても docomo系のSIMが使えない場合が多いですが、mineoなどの au系MVNOを使う場合も volt対応機種は SIMロック解除が必要なようですので、参考になればと思います。

私の HTC10は今のところ、auの SIMをそのまま使っているので、これまでと何ら変わらない状態ですが、後日、試しに違う SIMを使ってみたいと思います。

※2017年5月27日追記
HTC10でdocomo回線が使えるか検証しました。
HTC10でdocomo系SIMを使ってみる
auのHTC10をSIMロック解除し、docomo系SIMカードで使えるか検証しました。SIMロック解除してSIMカードを入れ替えるだけでは使えないので、その手順も紹介します。
スポンサーリンク

お役に立てばフォローお願いします