Gmailアドレスの「.」(ピリオド)の扱い

スポンサーリンク

今回は Gmailアドレスについてのお話です。

Androidスマホを使用する際は Googleアカウントが必要になるので、おのずとGmailアドレスを取得することになります。

ところが、私の周りでは Androidスマホを使っているのに、自分が Gmailアドレスを持っているという認識がない人がごく稀にいます(汗

Gmailアドレスの規則

Gmailアドレスを新規作成する場合、幾つかの制限があります。

使用できる文字は「半角英数字、ピリオド」となっています。
ピリオドは「.」のことですが、巷では「ドット」という言い方もしますね。

ここからが本題ですが

  • hogehoge@gmail.com
  • hoge.hoge@gmail.com

という2つのアドレスを作ることにした場合、最初の「hogehoge@gamil.com」を作成して、その後「hoge.hoge@gmail.com」を作成しようとすると、「このユーザー名は既に使用されています。別のユーザー名を選択してください」と表示されて作成できません。

これ、実は他人が使っているのではなく自分に原因があります。

Gmailアドレスの「.」は無視される?

どういうことかというと、Gmailアドレスに含まれる「.」(ドット)は登録上は無視されるようなのです。

逆に言えば、Gmailアドレスに「.」がある場合は、それを除外したアドレスが使えるということになります。

ややこしいですね。
つまり、先ほどの

  • hogehoge@gmail.com
  • hoge.hoge@gmail.com

はGmailのシステム上では同じアドレスとみなされるわけです。
そのため「hoge.hoge@gmail.com」を登録しようとすると、既に使われていると判断されます。

さらに、Gmailアドレスでは「.」の数に制限はないので

  • ho.ge.ho.ge@gmail.com
  • h.o.g.e.h.o.g.e@gmail.com

も「hogehoge@gmail.com」と同じと判断されます。

「.」を使う場合のルール

なかなか面白い「.」の扱いですが、Gmailアドレスで「.」を使う場合のルールがあります。

  1. アドレスの先頭はダメ  → 「.hogehoge@gmail.com」はダメ
  2. 2つ以上続けてはいけない → 「hoge..hoge@gmail.com」はダメ
  3. アドレスの最後はダメ → 「hogehoge.@gmail.com」はダメ

「.」の有無に関係なくメールアドレスとして使える

Gmailアドレスとして「hogehoge@gmail.com」と「hoge.hoge@gmail.com」は同じ扱いになると書きましたが、実際のメールアドレスとして送信先に設定した場合はどうなるのでしょうか?

答えは「どちらでもメールが届く」です。

これは少し驚きますね。

つまり、自分が「hogehoge@gmail.com」というアドレスを使っていた場合、「hoge.hoge@gmail.com」という宛先なのに、「hogehoge@gmail.com」で受信できてしまうのです。

一見すると、自分が登録したものと違うアドレスなのにメールが届くという不思議な現象が起きてしまいます。

逆に言えば、「.」を使って作成したGmailアドレスは「.」がなくても使えるということになります。

実はこれが便利な場合があります。
例えば、サイトに登録する際にメールアドレスを使うことがありますが、サイトによっては「.」が入っていると登録できないことがあります。

そんなときは「.」抜きのアドレスで登録すればOKです。
これでもちゃんと自分にメールが届きます。

考え方によっては、1つのGmailアドレスが「.」の使い方によって複数のアドレスのように見せることができることになります。

あまり使うことはないかもしれませんが、Gmailアドレスの小ネタとして知っておいて損はないと思います。

スポンサーリンク

お役に立てばフォローお願いします