1つのGmailアドレスを複数のアドレスのように活用する

スポンサーリンク

Gmailアドレスは「.」を使うことで、1つのアドレスを複数あるように使うことができるという記事を書きました。

Gmailアドレスの「.」(ピリオド)の扱い
Gmailアドレスは「.」(ピリオド または ドット)を含めることができますが、この「.」の扱いにはちょっと変わった規則があります。Gmailの小ネタとして知っておいて損はないと思いますので紹介します。

この方法とは別で、1つのGmailアドレスを複数あるかのように使う方法があります。
それは「+」を使う方法です。

Gmailのエイリアス機能

Gmailアドレスに「+」を使うことで、1つのアドレスの別名(エイリアス)として使うことができます。

例として hogehoge@gmail.comというアドレスを使っているとします。
このアドレスのエイリアスを作成する場合、

  • hogehoge+office@gmail.com
  • hogehoge+home@gmail.com
  • hogehoge+club@gmail.com

という感じで使います。

例として書いた3つのアドレス宛にメールを送信すると、すべて hogehoge@gmail.comに届きます。

用途別に使い分けると便利

このエイリアス機能とGmailのフィルター機能を組み合わせることで、自動的にフォルダー分けすることができます。

例えば、懸賞サイトにメールを登録する際に、hogehoge+win@gmail.comというアドレスにして登録します。

フィルター機能で、送信先が hogehoge+win@gmail.comであれば「懸賞サイト」というフォルダに移動するにしておけば、振り分けが簡単にできます。

まとめ

エイリアス機能はGmailの正式機能ですので、安心して使うことができます。

日常使う範囲ではあまり出番はないかもしれませんが、いろいろなサイトにメールアドレスを登録する際には便利だと思います。

ただし、「+」より前が本当のアドレスというのはバレバレなので、本当のメールアドレスを隠せるわけではありませんのでご注意を。

スポンサーリンク

お役に立てばフォローお願いします