EvernoteのデータをOneNoteに移す

スポンサーリンク

Evernoteのプライバリーポリシーが変更され
社員が閲覧可能に?

ちょっとビックリなニュースを見つけました。

 Evernoteは来年(2017年)の1月23日より、プライバシーポリシーを変更し、一部の社員がユーザーのノートを閲覧できるようにする。同社によれば、この処置は機械学習を監督するためだという。

ニュースによると、EvernoteのデータをEvernoteの社員が機械学習を監督するために閲覧可能にする、という変更を2017年1月23日に実施するということです。

閲覧できる社員は限られたメンバーになる、ということですが、見ず知らずの人に自分のデータを見られるというはちょっと気持ち悪いですよね。

Evernoteは少し前に、ベーシックプランで同期できる端末が2台という制限がついたことで使い勝手が一気に悪くなり、OneNoteに移行して使わなくなっています。

見られて困るようなデータはないですし(たぶん)、古いデータなので放置してもいいのですが、やはり気持ち悪いのでEvernoteは退会することにしました。

ほとんど見ていないのですが、そのままデータを捨てるのは忍びないので、いったんOneNoteにデータを移して、不要なものはOneNoteで削除します。

EvernoteからOneNoteへの移行は簡単

EvernoteからOneNoteへのデータ移行は、Microsoftが無料で提供している「OneNote Importer」というソフトをつかうと簡単です。

こちらのサイトから「インポートツールをダウンロード」します。

細かい手順を書こうと思いったら、こちらのサイトに詳細がありましたので参考にどうぞ。(手抜きではありませんよ(^^;)

エバーノートからワンノートにデータを移行(インポート)するマイクロソフト公式ツール「OneNote Importer」が提供されています。ここでは2台のWindows PCとiPhoneを使って、移行作業と移行後のデータを確認します。

これで無事にOneNoteにデータ移行が完了しましたので、Evernoteを退会します。

さようなら、Evernote!(あんまり使ってなかったけどね・・・)

スポンサーリンク

お役に立てばフォローお願いします