Windows10で SQL Server 構成マネージャーを開く

スポンサーリンク

今回はWindows10で SQL Server構成マネージャーを起動する方法を紹介します。

Windows10ではスタートメニューから消えた

SQL Serverの設定を変更するために SQL Server構成マネージャーを使うのですが、Windows7ではスタートメニューから起動ができました。

しかし、Windows10ではスタートメニューの中を見ても見当たりません。

Windows7の場合

Windows10の場合

スタートメニューにないので、インストールされていないと思いがちですが、実は表示されないだけでインストールはされています。

SQL Server構成マネージャーを起動する

Windows10で SQL Server構成マネージャーを起動するには、ファイルを直接指定する必要があります。

SQL Server構成マネージャーの実態は「SQLServerManagerXX.msc」というファイルです。
「XX」はバージョンによって変わる数字です。

SQL Server 2014の場合は「12」なので、ファイル名は「SQLServerManager12.msc」となります。

このファイルは「C:\Windows\SysWOW64」にあります。

エクスプローラーでこのフォルダを開き、ファイルをダブルクリックすれば SQL Server構成マネージャーを起動することができます。

もしくは、エクスプローラーで「SQLServerManager」を検索してもヒットするはずなので、そこから起動することができます。

ところが、Cortanaで「SQLServerManager」を検索してもWeb検索の結果しか表示されません。

なぜCortanaで表示されないのか謎ですが、エクスプローラーでは表示されるので、今回はエクスプローラーを使うのが正解のようです。

まとめ

Windows10で SQL Server構成マネージャーを起動する方法をご紹介しましたが、Windows7で表示されていたものが Windows10で表示しなくなったのは何故なんでしょうか?

頻繁に使うツールではないですが、ある意味で必須なツールと思うので、知らない人が見たら結構困ると思うのですが・・・。

今後、改善されるのか分かりませんが、とりあえず SQL Server構成マネージャーを起動したくてもできない方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

お役に立てばフォローお願いします