Thunderbird アドオンなしでアカウントの並び替え

スポンサーリンク

Thunderbirdでアカウントを並び替えるのにアドオンを使えば簡単にできることを紹介しました。

Thunderbird アカウントの並び替え(アドオン使用)
Thunderbirdでアカウント追加すると一覧の一番下に表示されます。この表示順を変えようとしても標準機能ではできません。そこでアドオンを使って並び替えする方法を紹介します。

今回はアドオンなしでアカウントを並び替えてみたいと思います。

設定を編集すると並び替えできる

設定情報を弄ることでアカウントの並び替えができます。

ただし、設定情報は記述を誤ると動作に支障が出る可能性がありますので、以降の作業は自己責任で行ってください。

メニューの ツール → オプションを選択します。

オプション画面の「詳細」の「一般」タブにある「詳細エディター」ボタンを押します。

警告表示されますが、「危険を承知の上で使用する」を押します。

検索欄に「mail.accountmanager.accounts」と入力します。

この値がアカウントの並びを表しています。

アカウント一覧に表示されている名前は、設定エディターでは見えないので、今の並びと設定値を見比べて、「account1」がどのアカウントなのかを判断してください。

表示されている「mail.accountmanager.accounts」をダブルクリックするか、右ボタンでメニューを表示して「値を変更」を選択します。

すると、入力画面が表示されます。
念のために今の値をコピーして、テキストエディタなどに貼り付けておきましょう。

そして、並べたい順番に値を設定します。

例えば
「account1,account2,account3,account4,account5,account6」

「account3,account2,account1,account4,account5,account6」
のようにします。

ここの入力をミスるとアカウント一覧が表示されなくなるので気をつけてください。

ちなみに、推測ですが、最後の2つは「ローカルフォルダ」と「送信サーバー」なので基本的には順番を変える必要はないと思います。
(順番を変えても反映はされないと思います)

値の設定が完了したら Thuderbirdを再起動すればアカウントの並びが設定した順番になっているはずです。

万が一、アカウント一覧の表示がおかしくなっても慌てずに、設定エディターを起動し、テキストエディタに貼り付けておいた元の値に戻しましょう。

デフォルトアカウントが設定されている場合

この並び替えを実行してもデフォルトアカウントが設定されていると、そのアカウントは常に先頭に表示されます。

デフォルトアカウントの設定を変更するには、アカウント設定画面から行います。

デフォルトアカウントにしたいアカウントを選択して「アカウント操作」から「既定のアカウントに設定」をクリックします。

Thunderbirdを再起動すれば、既定のアカウントに設定したアカウントが、一覧の先頭に表示されます。

まとめ

アドオンを使ったほうがアカウントの並び替えは簡単にできると思いますが、「アドオンは使いたくない」という人や「Thunderbirdの仕組みを知りたい」という人には、今回紹介した方法を試してください。

再度の注意ですが、設定エディターを変更するので、設定変更は十分に注意し、自己責任でお願いします!

スポンサーリンク

お役に立てばフォローお願いします