LINEで自分の位置を知らせる方法

スポンサーリンク

LINEはコミュニケーションに欠かせないツールになっています。

どんどん機能が追加されて便利なっているのですが、意外と知られていない機能もあるので紹介したいと思います。(私だけが知らないのかも)

待ち合わせなどで自分の居場所を通知する

最近、人と待ち合わせをする時は、大雑把に時間と場所を決めることが多いです。
携帯電話がない時代は、駅前で待ち合わせしても、改札が違うだけで会えなかったりしたものです(昭和生まれがバレバレ・・・)

今では適当に場所を決めておけば、近くに行って電話すれば、まず会えないことはありません。
ただ、初めて行く場所だと、居る場所の説明がうまくできなかったり、見えてるものを伝えても分からなかったりしてイライラすることがあります。

そこで、自分の居場所を地図で相手に伝えれば一目瞭然、迷うことなく合流できるでしょう。

ということで、LINEで自分の居場所を伝えるのがお手軽です。
やり方は簡単です。
居場所を知らせたい相手とのトーク画面で「位置情報」を送るだけです。

受け取った相手は、トークから地図が表示されます。
さらに地図表示でGoogle Mapなどの地図アプリが起動できますし、経路表示でナビが起動しますので、すぐに合流できますね。

現在位置だけでなく、指定場所の通知も可能

自分の現在位置だけでなく、位置情報送信の際に、場所の検索や画面をスワイプすることで、任意の場所を通知することも可能です。

つまり、「明日の待ち合わせ場所」を事前に送っておくことができるので、スムーズに待ち合わせできるというわけです。

ノートに保存することもできる

トークはどんどん流れていくので、せっかくの位置情報を探すのが大変になることもあります。
そんなときはノートに位置情報を保存しておけば見返すのも簡単にできます。

ノートを開いて位置情報を保存します。

ノートを作成すると、トーク相手のみに公開される設定でタイムラインにも表示されます。

まとめ

場所の説明はなかなか難しいですが、地図であれば簡単に分かりますし、お互いの勘違いもおきません。

テキストや写真だけでなく、位置情報を上手く活用して、便利にLINEを活用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

お役に立てばフォローお願いします