[IT助っ人]LINE@を使いたい

スポンサーリンク

スイーツ店を経営している人と話をしているときに「集客アップの手段でLINEが使えるらしいけど、どうやればいいのかな?」と聞かれました。

おそらく「LINE@」のことを言ってるのだろうと思いましたが、詳しくは知らなかったので、調べて連絡しますって流れになりました。

「LINE@」で何ができるのか?
「LINE」と何が違うのか?

まとめてみたいと思います。

LINE@は元々店舗向けのサービス

「LINE」はスマホユーザーの大半が使っていると思われるSNSです。
今や連絡はメールではなく「LINEする」っていうぐらいですから、認知度はかなり高いです。

今回の本題「LINE@」ですが、当初は実店舗向けのサービスとして開始されましたが、2015年2月のリニューアルで使える幅が広がり、店舗でなくても使えるサービスとなりました。

主な機能は

  • 登録している「友だち」に一斉送信できる
  • 専用のページが持てる
  • ショップカードを発行できる
  • クーポン配信ができる
  • アンケート投票ができる
  • 複数の管理者で運営できる

といったところでしょうか。

「LINE」との違いは?

「LINE」は基本的に個人間のやり取りが主な目的と思います。
グループトーク機能はありますが、前提はつながっている友だちとやり取りをするためのものです。

「LINE@」は一斉送信機能があるので、こちらからプッシュ通知することができます。
そこにはやり取りはありません。
ここが一番大きな違いかなと思います。

では「LINE@」でトークはできないか、というとできます。
ただし、こちらからはトーク開始できない、という点が大きく違います。
つまり、友だち登録してくれている人数は管理画面で分かりますが、誰が登録しているのかを知ることができないのです。

でも、相手がトークを開始してくれると、その時点で「誰か」は分かります。
そしてその人に対しては、こちらからトークを送ることができるようになります。
要は問い合わせなんかにも使えるという感じですね。

「LINE@」はいくつか料金プランがある

「LINE@」を利用する場合、無料で始めることができますが、機能制限があります。これを解除するためには有料プランにする必要があります。

プランの大まかな違いをまとめてみました。

フリー(無料プラン)

メッセージ配信数

月間1,000通まで。
メッセージ配信数は、友だちの数x吹き出し数となっています。
つまり、友だち数が100人だと、月10回のメッセージ配信しかできない計算になります。

タイムライン投稿

月間4回まで

リッチメッセージ

使用不可
リッチメッセージとは、画像やテキストを1つの吹き出しにまとめて機能です。

ベーシック

月額5,400円(税込)

メッセージ配信数

有効友だち数5,000人までは無制限で配信可能。
こちらは吹き出し数が関係なく、有効な友だち数の制限となります。

タイムライン投稿

無制限

リッチメッセージ

使用可能

プロ

月額21,600円(税込)

メッセージ配信数

有効友だち数100,000人まで無制限で配信可能

タイムライン投稿

無制限

リッチメッセージ

使用可能

その他

友だちの属性表示、属性別にメッセージ配信

結論

無料で始めることができる範囲でも、取り組み次第では大きな力になるのではないかと思いました。
ショップカードやクーポンを上手く使って来店意欲をあげることができれば、お店の売り上げにつながりそうです。
またアンケートページも作れるので、お客さんからの要望も聞きやすいため、お店の改善点も見えてくるかもしれません。

今回は店舗の話をメインに考えましたが、「LINE@」はサークルや町内会といった小規模団体でも応用ができそうな便利なツールですね。

スポンサーリンク

お役に立てばフォローお願いします