au 家族割プラスの回線数確認

スポンサーリンク

auの新料金プランは家族割プラスというサービスによって料金が変わります。
家族の中で auを使う人が多いほど、お得になりますよってことですね。

ただ幾つか条件がありますので、注意が必要です。
私はスマホ購入時の割引があったので、最近まで旧料金プランを使っていたのですが、割引期間が終了するため新料金プランに変更することにしました。

変更の前に自分で想定した内容と、変更後に確認した契約内容が違っていて何か間違ったかと思ったのですが、結果的には正しかったことが分かりました。

スポンサーリンク

家族割プラスとは

まずは家族割プラスとは何かを説明します。

auが 2019年10月から開始したサービスで、家族で au回線を使っている人数に応じて月々の料金を割り引きます。

家族割プラスの回線数が 2回線の場合はそれぞれ500円引き、3回線以上だとそれぞれ1,000円引きとなります。

料金プラン

ここからがややこしい話なのですが、家族割プラスで割引が適用される料金プランは限られています。

しかし、家族割プラスの回線としてカウントできる料金プランは、割引が適用されるプランだけではありません。

つまり、家族割プラスの回線としてカウントされても、料金は割引されないプランがあるということになります。

auの公式サイトに詳しく載っていますが、下記のようになっています。

割引/カウント対象のプランauデータMAXプラン Netflixパック/新auピタットプランN/auフラットプラン7プラスN/auデータMAXプランPro

<受付終了>新auピタットプラン/auフラットプラン7プラス/auデータMAXプラン

カウント対象のプラン
割引はされない
auスマートフォン
(4G LTE)
auピタットプランN(s)/auフラットプラン20N/auフラットプラン25 NetflixパックN

<受付終了>auピタットプラン(s)/auフラットプラン20/auフラットプラン25 Netflixパック/auフラットプラン30/auフラットプラン5(学割専用)

auケータイ
(4G LTE)
VKプランS(N)/VKプランM(N)/ケータイシンプルプラン/ケータイカケホプラン
<受付終了>VKプラン/VKプランS/VKプランM/スーパーカケホ(ケータイ)/カケホ(ケータイ)

これだけ見ても、今までたくさんの料金プランがあったんだなと思います。

新料金プランについては、割引もカウントもされますが、少し前のプランだとカウントはされても割引がされません。
また、3Gのガラケーを使っている場合は、カウントもされません。

同居家族が対象だが例外もある

家族割プラスの条件として料金プランともう一つ、同一住所に住む家族というのがあります。

ただし、この同居家族という条件には例外があり、auスマートバリューに加入していれば別居家族でもOKです。

注意点は auスマートバリューの対象となっているインターネット回線やケーブルテレビの回線は同じである必要があります。

また、別居家族は50歳以上の方だけが対象です。

例えば、私が家族とは別居していて、auのスマホとスマートバリュー対象のインターネット回線を使っているとします。
当然、私はスマートバリューを申し込めば適応されます。

そして、私の両親(50歳以上)は2人暮らしでauのスマホを使っていて、インターネット回線は使っていない場合でも、私の契約しているインターネット回線を使って両親もスマートバリューを使うことができます。
この場合は、私と両親は同じ家族割プラスのグループとなります。

しかし、両親が自宅でインターネット回線を使っている場合は、両親名義のインターネット回線でスマートバリューを適用することができますが、家族割プラスは別々のグループとなってしまいます。

わが家では eo光でスマートバリューを適用していますが、別居している両親も eo光を使っています。
しかし、両親のスマートバリューを申し込むときに提示したインターネット回線は私名義の回線にしました。

こうすることで、わが家と別居している両親が同じ家族割プラスのグループとなり、カウントを増やすことができます。

スポンサーリンク

家族割プラスの回線数カウントのタイミング

さて、ここからが本題ですが、別居の両親はカウントのみされる auピタットプラン(s)を契約しています。

私が新料金プランに変更すると、両親の2回線と私の回線で3回線となり、MAXの割引が適用されるはずです。

auの料金プラン変更は、手続きはオンラインでできるので簡単に終わりました。

適用されるのは翌月からなので、月が替わってから自分の契約内容を見てみました。

家族割プラスのカウントが2回線となっています。

何かカウント対象となる条件を間違っていたのか焦りましたが、まずはサポートセンターに問い合わせてみることにしました。

auのサポートセンターは電話とは別に、メッセージでやり取りすることができます。
こちらからメッセージを送っておけば、回答が返ってきます。
電話は混雑していることが多いので待ち時間が長いのが苦ですが、急ぎでなければメッセージを使ったほうが気持ちが楽です。

契約変更した旨と、別居している両親が同じ回線のスマートバリューを使っていることを記してメッセージを送りました。

しばらくすると、下記のような回答が来ました。

なるほど、家族割プラスのカウントは前月末の状態で判断されるため、プラン変更した月の月末では両親の2回線しかカウントされない、ということになります。

実際には新料金プランで請求計算される月末には、3回線としてカウントされ割引が適用されることになるようです。

結果的には想定通りなので良かったですが、表示内容については改善してもらいたいところです。

スマホ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カミヒロをフォローする
新・かみひろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました