百均のUSB Type-Cケーブルを試してみる

スポンサーリンク

USB Type-C対応の機器が増えてきたので、そろそろ百均でType-Cのケーブルが売っていないかなとブラブラと見に行ってみました。

ありました\(^o^)/

近所のセリアで他のケーブルと一緒に陳列されていました。

USB Type-Cの充電ケーブルについて

USB Type-Cのケーブルで充電するときは、ちょっと注意が必要、みたいなことをどこかで読んだ気がしたので、念のために再確認しておきます。

USB Type-Cの規格では、最大3Aでの充電が可能となっています。
これは充電器、ケーブル、端末のすべてがType-Cに対応している場合です。

しかし、スマホを充電する場合には、今のところ、USB A → Type-Cといった変換ケーブルを使うことが多いと思います。
そして、この変換ケーブルは 56kΩの抵抗を使って1.5Aにしなければならないという規格があるのです。

規格外のケーブルを使った場合は、充電端末を破損する可能性があるといわれています。
つまり、56kΩの抵抗を使っていない変換ケーブルを使って急速充電すると、スマホが壊れる可能性があるということです。

ケーブルが規格対応しているか確認する方法

実際に購入したケーブルが規格に対応しているかどうか、どうやって判別すればいいでしょうか?

簡単な方法は「Ampere」というアプリを使うことです。
このアプリについては、こちらの記事で紹介しています。

スマホアプリ(Ampere)で電流値を測る
スマホを充電する時の電流値を専用機材を使わずに計測してみました。 充電に時間がかかる原因が分かるかもしれません。

アプリの画面にある「USB 最大電流」が「1500mA」となっていれば大丈夫です。
この値が1500mAより大きい場合は、規格外のケーブルである可能性が高いので、使用は控えたほうがいいかもしれません。

百均のケーブルで試してみる

実際に百均で購入したケーブルを接続してみました。

その結果はこちら。

ちゃんと最大電流が1500mAとなっているので、問題ないようです。

百均、恐るべし・・・

ケーブル長が50cmと少し短いのが気になりますが、予備で追加購入しておこうと思います。

スポンサーリンク

お役に立てばフォローお願いします