Gmail 迷惑メールにならないフィルタを作成

前にGmailで迷惑メールになってしまったメールを迷惑メールにしないやり方を記事にしました。

毎日配信されていたメールマガジンが、ある日を境に届かなくなりました。 まさかと思い、メールソフトの迷惑メールフォルダを見ると、案の定、そち...

しかし、その後も迷惑メールでないとしたメルマガが迷惑メールに振り分けられることがあったので、フィルタを使って対処しました。

フィルターの作り方

迷惑メールにしないためにフィルタを作ります。

メールからフィルタを作成

迷惑メールとなったメールを開き、三点リーダーから「メールの自動振り分け設定」を選択します。

するとメールの送信者がフィルタ条件になっている設定された画面が開きます。

送信元のメールアドレス以外の条件を設定したい場合は、この画面で追加設定できます。

フィルタの動作を設定

先ほどの画面で「フィルタを作成」をクリックすると、フィルタに一致したメールに対する動作を設定する画面が表示されます。

「迷惑メールにしない」をクリックして「フィルタを作成」を押せば、該当のメールアドレスから送られたメールを迷惑メールとしないフィルタが完成します。

まとめ

Gmailで迷惑メールにしたくないのに迷惑メールとなってしまう場合は、フィルタを作ることで強制的に回避することが可能です。

フィルタは迷惑メールにしないだけでなく、転送したり、既読状態にするなど、使いこなせば便利な機能なので、興味のある方は試してみてください。







お役に立てばフォローお願いします